オープニング
プロフィール
メッセージ
エンドロール
BGM選び
全体のコツ
注意すること

オープニングビデオって必用?

「プロフィールビデオは作るけど、
 オープニングはどうしようかな~」

と悩んでいるカップルも多いようなので、プロの視点でオープニング映像の必要性を演出効果、予算、披露宴のタイムテーブルの面から見てみたいと思います。

時間と予算が無いなら無理しない

まず、
「自分で作る時間も、業者にお願いする予算もちょっと厳しい。」
と言う状況の場合は
無理して作らないほうがいい
です。

映像の重要度から見ると
プロフィール>エンドロール>オープニング
の順です。

プロフィールビデオは、二人の結婚に至るストーリーを見てもらうものであり、ゲストが知らない二人をたくさん見せられる重要な映像です。

また、エンドロールはゲストリストと共に感謝の言葉も添えられるので、ゲストひとりひとりをもてなすことができる映像になります。

これに対し、オープニング映像は当日のイベントの第一印象を操作するのが目的です。

つまり完全にイベント演出に特化したもので、ゲストのおもてなしという面で考えると他の映像に比べてオープニング映像は重要度が低くなります

まずは時間と予算をしっかりプロフィールビデオにかけましょう。

オープニング映像に限っては、あれば良くなるというものではない

「無いよりはあったほうがいいよね」

と、制作業者に質素なプランで依頼するのはNGです。

もちろん、「ちょっと映像つくれます」くらいのお友達にお願いするのも心配です。

というのも、ブライダル映像の中でも

オープニング映像は
最もクオリティを問われる映像

だからです。

オープニング映像の目的は、これから始まる披露宴に向けてゲストのテンションを上げ、
「おお!スゴイ披露宴になりそうだな!」
と期待を高めることです。

中途半端な映像では、逆効果になってしまうこともあります。

しっかりしたクオリティの高いものを作れるなら
「あった方がいい」
と言えるのがオープニング映像なんです。

披露宴の完成度への影響は絶大

ココまで読むと

「オープニング映像やめよかな。。」

という気持ちになってしまった人もいるかもしれません。

しかし、それでも私はオープニング映像をがんばって作って欲しいと思ってしまいます。

だって、しっかりしたオープニング映像があるイベントは、同じ内容でも与える印象が全っ然違うんですもん!

ゲストの方たちが

「今まで見てきた披露宴と違う!」
「スゴイ!」

と感動してくれる披露宴にするために、オープニング映像は超重要なアイテムなんです。

例えばこんな映像

こんな映像見せられたら、
「あれ?今日の結婚式、
 なんか違うかも?!」

ってなりませんか?

※音楽は実際のものと置き換えているのでタイミングはずれています。

次は 結婚式用プロフィールビデオを作るコツ

みんなが見てる記事TOP10
結婚式用BGM選び
筆者プロフィール

趣味が高じて動画編集にのめりこみ、数年間はファッションショーイベントの映像や、イベントの様子をまとめたDVD制作などを行いました。

次第にブライダル映像に興味を持ち、個人でブライダル映像制作会社を立ち上げました。

一人で年間150件を超えるブライダル映像を手がけ、テンプレートを使わない完全オリジナル映像が好評となり、依頼が殺到。

現在は一時依頼の受付を中断し、新たな体制を整備中。