オープニング
プロフィール
メッセージ
エンドロール
BGM選び
全体のコツ
注意すること

オープニングビデオの構成と長さ

オープニングビデオの長さは構成によって大きく変わります。

ここではプロが構成の際によく使う二つのパターンをご紹介します。

パターンA 2~3分で切れの良い映像に

結婚式の披露宴の中でプロフィールビデオの上映も予定している場合、素材や構成がダブってゲストを飽きさせないように、オープニングビデオは短くて印象的な映像にするのがベストです。

準備する写真のテーマは

二人の日常(仕事や趣味など)

をまとめた写真になります。

BGMは短い曲なら1曲を使い切ることができますが2~3分で終わる曲もなかなか無いのが現実です。5分近い長い曲の場合は途中でフェードアウトするか、1番と2番をうまくつなげるといった編集が必要です。

フェードアウトは締まらなくてカッコ悪いと思うかもしれませんが、登場曲とスムーズにつなげる演出でカバーすることができますよ。

実際にやった演出で、オープニング映像で1番を使い、曲の2番から登場という流れにした時がありましたが、司会者に仕切られるよりもスムーズでプロのイベント演出のようにかっこよかったです。

パターンB 5~6分で見ごたえのある映像に

披露宴の中でプロフィールビデオを上映しない場合、オープニングの中に二人の生い立ちを盛り込んで、登場前に二人を深く知ってもらう映像にするのもいいと思います。

素材はほぼプロフィールビデオと同様のもので、二人の生い立ち写真+出会いから今までの思い出写真です。

BGMは1曲を使い切る形がベストです。

この場合、どうしても小さい時の写真をたくさん入れたくなったりして、1曲におさめるのが大変になります。

だからと言って2曲構成にしてしまうと、ゲストとしては「登場までが長いな~」という印象に。。。

生い立ちを盛り込む場合でも、オープニングビデオはできる限りコンパクトにまとめたほうが式全体のテンポがよくなります。

どっちのパターンを選ぶ?

生い立ち映像を使うとどうしてもしっとりしたBGMで感動を狙いたくなってしまいますよね。でも、オープニングからしっとりというのもちょっと・・・と悩んでしまうところ。

やはり、生い立ち映像は式の中座の時などにゲストにゆっくり見てもらうのがベストです。

イベントのオープニングは明るく華やかに演出したいので

オススメは断然パターンAです

回りくどく書いてしまいましたが、オープニングビデオは短くコンパクトが一番!

プロフィールビデオは中座中にしっかり見てもらい、しっとり感動してもらいましょう。

オープニングビデオパターンAの構成テクニック

さて、パターンAでは素材として生い立ち写真も使えず、下手に友人を登場させるのもおかしいので、二人の写真のみで勝負することになり、これが意外に3分間持たせることが大変なのです。

最近の二人の写真を3分間連発されても、ゲストの方は「・・・」です。

そこで、イベントのオープニングといういことで
・披露宴の中で祝辞をいただく方
・乾杯のあいさつをしてもらう方
・余興をやってくれる友達
などを紹介する内容を盛り込めるといいかもしれませんね。

映像が単調になって間が持たないシーンにこんな感じに入れるといいです。(1:32あたりから)

式の中で演出をダブらせない

大切なのは披露宴全体の中で演出がダブらないことと、単調な演出でゲストを飽きさせないこと。

結婚式はイベントに不慣れなお二人でも演出を考えなければならないものです。「見せたいものを見せたいだけ」なんて考えているとゲストへのおもてなしが軽視され、自己満足的で残念な結婚式になってしまうので注意しましょう。

ほんとはもっと見てほしいのに!

って思うくらいで十分です。

素敵なオープニングビデオで
「おおー楽しい披露宴になりそうだな!」
ってゲストに感じさせることができたらオープニング映像は大成功です♪

次は オープニング映像の文字の出し方って?

みんなが見てる記事TOP10
結婚式用BGM選び
筆者プロフィール

趣味が高じて動画編集にのめりこみ、数年間はファッションショーイベントの映像や、イベントの様子をまとめたDVD制作などを行いました。

次第にブライダル映像に興味を持ち、個人でブライダル映像制作会社を立ち上げました。

一人で年間150件を超えるブライダル映像を手がけ、テンプレートを使わない完全オリジナル映像が好評となり、依頼が殺到。

現在は一時依頼の受付を中断し、新たな体制を整備中。